一戸建て住宅を選んで良かったこと

家族で安心して暮らすために羽村市内に注文住宅で一戸建て住宅を選びましたが、快適に生活ができる環境を作れて良かったです。物件は設備が新しく老後までリフォームをせずに安心して住みやすく、ローンの審査も通ったために安心して返せるため助かりました。ローンは金利が低く期間が長くても利息が増えにくいため、金銭計画を立てやすくて助かっています。

一戸建ては地価によって価格が大きく左右されやすく、不動産屋で担当者と相談すると交通の便が良くて安い場所を案内されて良かったです。場所は駅から少し離れた場所にありますが通勤に便利なため、生活の拠点としてゆったりとできて満足できました。設備や間取りは家族が4人のため決めやすく、子供が小さいために成長しても快適に住めるように専用の部屋を作ったものです。

一戸建て住宅を選んで良かったことは設備が新しく、生活のスタイルに合わせて間取りを決めれたことです。物件は価格が高いものの安心して住みやすく、ローンの期間も長いですが収入があるため安心して返せています。

新築住宅のための住宅ローンの金額って大事

住宅ローンが支払えない等のなんらかの理由によって、マイホームを手放した人もいますよね。実際に私の周りにも二人ほど、マイホームを手放した人がいるのですが、売却価格で儲けなんて出ませんよ。

新築で建てた一戸建て住宅の売却価格で、残りの住宅ローンをチャラにできればいい方です。家を売ってもまだ、住宅ローンが残ってしまっている人もいますからね。

しかも、「ここぐらいの日までに売りたい!」と、売りたい期限を持っている人がほとんどだと聞きますから、売りに出す金額も魅力的なほどに安くはしない人もいるのですよね。そしてこだわって建てたマイホームほどに値段を下げなかったりしますから、ますます買い手がつきづらいとも。かえってこだわりのない建売分譲住宅の方が買い手がつきやすいとも聞きます。

だからこそ、「住宅ローンは無理のない金額で!」と思うわけです。「マイホームを手放す」という話は過去に2度ほど聞いていますけれど、やはりどちらも住宅ローンがきつかったということを言いますからね。また、当初の予定金額をオーバーしてマイホームを建てたとも。だからこそ「家を建てる際にお金をもっと考えよう」と思うわけです。